« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の投稿

2009年7月11日 (土)

一時web-shopお休みのお知らせと「ひかり祭」「tone river jam」出店のお知らせ

だんだん夏ぽっくなってきてますね。
梅雨があければ一気に夏。
私はこの季節が一番好きかも。
朝の雨上がりの畑のにおい。
古いお家の日陰のにおい。
夕焼け。
なんとも言えない気分になります。

7/16~8/2までweb-shopを誠に勝手ながらお休みさせて頂きます。
さすがに放浪から帰ってきたばっかりで、
中々モチベーションや金銭的にも無理かな~と思っていたのですが
やはり、こんなに近くで皆既日食がおこるのなら
行かなくっちゃ!
てな訳で屋久島へ皆既日食を見に行って来ます。
皆既日食を見に行くのは2回目。
2002年のオーストラリアアウトバック以来。
いや~晴れるといいな~~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
true

そして帰ってきてからすぐに8/1、2「ひかり祭」に出店します。
今年はUAがばっちりライブをしますよ!!

<入場料金> 3,500円
(3日間通し料金。31日に入場しても1日に入場しても同料金になります。何度でも入退場できます。前売り券はありません、リストバンドと引き換えに当日会場でお支払ください。カード使用不可。)

<割引料金>
こども割引(中学生以下)無料
高校生割引(学生証提示)1,000円
学生、20代割引(学生証、免許証などの写真付きID提示)2,500円
シニア割引(65歳以上)無料
最終日(2日)のみの入場料 2,000円

旧牧郷小学校(神奈川県相模原市藤野町牧野7029)
(校庭、体育館、校舎の一部、里山が開放されます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
true

そしてその次は8/16tone river jamへ出店します。
こちらもsoftやらmajesticやら楽しみなライブが!しかも入場料フリーですよ!


2009年8月16日(日曜日)
START/11:00
@千葉県 我孫子市 利根川ゆうゆう公園
http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/12,25745,51,35,html

LIVE
SOFT http://www.softribe.jp
Majestic Circus http://www.majestic-circus.com/index2.html
らぞく http://www.razoku.net
ズクナシ http://www.zukunasi.com
METALGUINEE http://metalguinee.com
Mela http://web.me.com/freestyle_tos/mela-web/Welcome.html
JariBu http://www.webstyle.jpn.org/jaribu
クンクンニコ共和国 http://www.geocities.jp/kunniko92
the brotherwoods http://brotherwoods.hp.infoseek.co.jp
SILVER SUN AO http://www.myspace.com/silversunao
Gipsy didje!! http://www.myspace.com/gipsydidje

DJ's po-Tanic KANETOSHI


|

LA PAZ②

true

イリマニ山

true

市場

true

なんでも売ってる 
取り立てて野菜や果物が安いというわけではなかった

true

B級グルメ 10b(¥140)くらい
ついつい食べてしまう

true

時間があればせっせと編んだり、紡いだり

true

おばちゃん自慢のアワイヨ

true

ここでもロバ
食べちゃうのかな・・・(心配)


la paz(ラパス)でハマったのがEl Alto(エル アルト)の市場。
la pazは危険と言われているが、さらに危険と言われている所。
実際、地元のコ達が、スリにあったりボコされたりしている。
でも、財布・カメラ等結構気にしていたので私は大丈夫だったが・・・。
木曜と日曜に立つ市はかなり大きく街中では売ってないもの
(原毛とか革とか)が格安で手に入る。

ここでは羊毛を手紡ぎ手編みしたニット靴下や
ビクーニャ(毛並みのクオリティがかなり高い為乱獲され、政府に保護されている
ラクダ科のアルパカよりひとまわり小さい動物)の原毛を買い付けたので
冬に草木染めや手紡ぎをして販売しますので、お楽しみに!
また、la pazの大判アワイヨ(アンティークの布)を
沢山買い付けました。
私は10年前に、このアワイヨを使ったポーチを日本でみつけ、
かわいさのあまり嬉しくなって速攻買いました。
今でもそのポーチは使用しています。(旅行中も)
10年経っても使えるこの生地は相当クオリティ高いです。
使われている色にも、ひとつひとつ意味があります。

もちろん手紡ぎから染め、織りまで全てハンドメイド。
アンデスならではのこの生地、今でも田舎では脈々と受け継がれているそうです。

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »